九州王朝(「邪馬台」倭国=豊国)説(福永晋三先生の説 = 和歌が解き明かす古代史)

[姫氏(きし)=紀氏、火国山門(神来)に来朝]

 松野連系図に「呉王 夫差の子が、孝昭天皇三年に来朝し火国山門(やまと)に住んだ。」と記述がある。
 『和名類聚抄』の中に、肥後国菊池郡山門(やまと)がある。
  *.孝昭天皇三年=紀元前473年。
  *.肥後国菊池郡山門郷は、迫間川流域。
  *.春秋時代の呉王 夫差(?~前473年)は、越王 勾践に敗北し自決。

 神来(おとど)

肥後国菊池郡(和名類聚抄)
 ・城野郷     木野(鹿本郡菊鹿町)  
 ・水島郷     旧砦村(七城町)    
 ・辛家郷     加恵(七城町)        
 ・夜開(關)郷   夜開(七城町)
 ・子○(養)郷   五海(七城町)
 山門郷     迫間(はざま)川流域
 ・上甘郷     蟹穴(七城町)
 ・曰理郷     亘(菊池市)
 ・柏原郷     旧河原村(菊池市)

七城地域の「弥生水田」(台台地の城ノ上遺跡)から籾痕(ジャポ
ニカ種)のついた弥生土器が出土している。(七城町史)
この弥生前期に水田稲作の技術とともに日本に伝播した籾は、揚子江
下流域を
原産地とするジャポニカ種だとされている。


 茂賀の浦の北端に 相良観音 がありアイラ観音という。この地は、日本でただ一つ自生している「アイラトビカズラ」がある。原産地は、中国
 南部の揚子江流域
である。

<『翰苑』 魏略の「火国」の記述>

 *.自謂太伯之後とある。その太伯は、姫(き)氏である。

<松野連(倭王)系図>

 *.呉王、夫差の子が、「孝昭天皇三年来朝住火国山門」とある。
 *. 倭五王 (紀氏王権)へ続く。
  


 <所在地のGoogelマップ>